SSブログ
会社勤務の頃 ブログトップ

同時通訳 【会社勤務の頃-5-】 [会社勤務の頃]

同時通訳 【会社勤務の頃-5-】
  同時通訳はいまでこそ珍しくないが、1962年2月にベルギーの国際自動制御学会での発表で初めて体験したときには驚いた。論文募集時に「会議では発表と質疑は、英・露・仏・独の4カ国語なら同時通訳で自由にできる」とあり興味をひいた。私は英語を選び、図も用いて指定時間以内で可能なように論文をまとめ、発表の練習を重ねて会場に臨んだ。
  会議での4カ国語の配布資料に「各座席横のノブでチャネルを選べば、スピーカーが指定言語を使う限り、それが同時通訳の仕組みで希望の言語に同時通訳されイヤフォーンから聞こえる」とある。開会の挨拶は英語で、選んだチャネルで本人の声がそのまま聞こえる。試しにチャネルを回すとそれが他の言語に同時通訳されている。続く発表者達の発言は、英語以外の何語であれほぼ同時に英語になって聞こえてくる。質疑も、何語であれ座席のマイクで質問すると、その質問との回答が同時通訳で希望の言葉で聞ける。
  少し慣れて会場を見渡すと、正面壇上の上部ガラス越しに数名ずつに仕切られたブースが見え、マイクに向かって懸命に話している同時通訳者が見える。発表と同時に訳し話すのだから、従来の逐次通訳のような待ち時間が不要だ。通訳者は疲れると交代しているし、話の合間にコーヒーをすする音も聞こえる。「申し訳ないがこの英語は聞き取れません」とか「早過ぎて通訳できません。もっとゆっくり話して下さい」と聞こえることもある。他人事ではないが「確かにこれでも英語のつもりだろうか」と疑う発音の人もいて、通訳不能の責の多くは通訳者よりも発表者側のように思えた。
  ホテルに帰ると3日目の私の発表が心配になった。と言うのも、当初通知の「発表25分、質疑応を含め30分」で準備したのだが、出発直前に「発表者が増え発表を20分に短縮する」旨の通達があった。すぐに原稿を縮めたが若干早口にする必要があり、同時通訳場での実体験から、私の早口英語での発音に同時通訳者が対応できるか心配になったからだ。
   翌朝すぐ、Dusseldorf の欧州事務所で紹介され、学会に出席されていた先輩の住友金属のA氏に話すと、「自分がドイツ語への同時通訳を聞いているので、早過ぎて通訳が遅れ気味になれば手を胸まで挙げる。その時は速度を落しなさい」と言われた。
  当日、私の発表では、通常速度の英語で発表を始め、ちらとA氏の手を見ては少しずつ早口にしていった。途中で数回手が挙がりかかる都度、少し速度を落として何とか20分内で発表を済ませた。「少なくもドイツ語の通訳は君の英語発表を正確にフォローして訳していたよ」と、その晩は夕食のご馳走で発表を祝して下さった。
  最終日のカクテルパーティは、言語グループごとに話が弾む。他言語グループから英語グループに来て話す人は多いがその逆は少ない。残念ながら私もその一人だ。各言語グループを廻っているベルギー人は「ロシア語以外は話せて当然ですよ」と言う。なるほど、異言語の各国が陸続きに隣接している欧州では、数カ国語を話せることに加え、同時通訳の必要性が日本では考えられないほど切実なのだと体感できた。
  同時通訳の必要性は、いまではグローバル化とテレビの普及で世界中で不可欠と言えるほどになっている。また、その普及には電子技術の進歩の役割も大きい。上述1962年時点では、いまの無線と違い有線だったので設備費用が高く、技術面ではどうにか可能だが、コスト面では上述のような必要性の大きかった欧州で辛うじて実現できたのだろう。また、同時通訳の人的資源も、言語構造が似た欧州の言語間ではその時点で育っていたのだろう。会議中に英語から日本語へと試みたが歯が立たず、バイリンガルの人が特殊な訓練を経てどうやらできるのだと思い知らされた。
  いまではグローバル化に対応する必要と進んだ電子技術に対応して、周知の通り日本でも英語の他の多くの言語と日本語の同時通訳ができる人も多く輩出している。
  同時通訳でも「必要は発明の母」は言葉通り通じる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結膜炎と「この天の虹」【会社勤務の頃-3-】 [会社勤務の頃]

結膜炎と「この天の虹」【会社勤務の頃-3-】
  さきごろ検診のため眼科へ行き、以前に慢性の結膜炎と言われ通院していたことを思い出した。それは八幡製鐵所で社会人としてスタートした昭和31年(1956年)頃のことだ。
  半年間の研修を経て,自家火力発電所,製鋼,分塊圧延など諸工場がある同所の西八幡地区の計測器と自動制御装置を20人余りで調整保守担当する責任者となった。所内は良く整理されていたが粉塵が多く空気は汚れていた。戦後の復興が始まった時期で産業の米と言われた鉄鋼の需要も多く、所内各工場の煙突からモクモクと出る煙も好況の象徴と感じられる雰囲気もあった。街から見ると、蒸気の白、石炭の黒の白黒に、平炉工場での酸素吹き込みで出るアカネ色の煙が天然色(当時のことば)を加えていた。会社も苦慮していたと思うが、雨の日には白地の洗濯物の取り込みを忘れると所々黒くなるほどだった。勤務し始めてすぐにその環境には慣れたが、ただ眼だけは充血して痛痒く、一日に何回か洗眼するようになっていた。
  日々の業務には、上記に加え、その地区内に建設中だった新厚板工場で担当分野の計測・制御器機部分の工事進捗管理と立ち上げが加わった。工場はでは各箇所に新技術が多く取り入れられ、入社早々未知のことばかりと苦労も多かったが、操業後では決してできない貴重な体験ができた。そのことは稿を改めて書くことにしよう。
  ところで、その工場では急速に成長しつつあった造船業からの要望に応え、広幅の厚板を圧延できる最新鋭の設備を誇った。工場横の事務所一郭に私の机があり、机上での業務を済ませては、そこを拠点に厚板工場も含め2km四方くらいある担当地区3カ所に駐在の人たちと、器機や装置の整備に出回っていた。当時は冷房などは思いもよらず、課長室に1台あるきりの扇風機すら羨ましく思えたほどだ。掛長以下の担当者は事務所の窓を開け放して風を通し、それでも暑いときは団扇をパタパタさせながら仕事をしていた。工場とその事務室内は新しく綺麗なのだが、窓のすぐ前にはうずたかく山積みされた臨時の石炭置き場があった。夏には全部開け広げた窓を通してその石炭の塵埃が舞い込んでくる。ノートを開けて現場を2時間も廻って戻ると、紙面にそれが降り積もり指でなぞると字が書けるほどで、眼の充血はますますひどくなっていた。
  その頃フルブライト留学試験の一次試験に合格し身体検査を受け、いまでは不思議に思われるが、結核と眼の診察もあった。今回検診して貰った眼科医にそのことを訊ねたら、以前は検疫でも結核とかの伝染病には神経質で、結膜炎もトラコーマなどの疑いもあり厳しくかったようだ。検査では結膜炎が引っかかり要治療と診断された。早速眼科で診て貰ったら、結膜炎が慢性化しこの状態では身体検査に不合格の怖れもあるとのこと。それから眼科通いを始め、洗眼と目薬の点眼を続けた。その甲斐あってか、何とか身体検査はパスできた。しかし充血は慢性化した症状で、全治は半ば諦めながらも通院は続けていた。
  ところがである。留学が実現し氷川丸に乗って一週間もしないうちに、なんと点眼や洗眼も忘れるほど眼の痒さも充血がすっかりなくなっていた。3週間の乗船、シアトルに着く頃には、あれほど通院治療しても治らなかった慢性結膜炎はすっかり消えてなくなっていた。生活環境の激変で、太平洋という海原の綺麗な空気のお陰だったのだろう。
  ちょうどその出発の頃、八幡の本事務所や現場で映画のロケが始まっていると聞いた。その後の友人の手紙で、その映画の題名が「この天の虹」であり、当時始まったばかりのブラジルへの技術協力も絡めたロマンスもので、結構評判になったいることを知った。環境が今ほど問題視されず、当時のアカネ色の煙を交えた天然色の煙を、ロマンティックな「虹」に例えてもそれほどの違和感は感じなかったのだろう。その映画は是非見たいと思っていたが、上映された頃には日本にいなかったし、帰国後もその機会を逸してしまった。
  その後1980年から2年間君津製鐵所に勤務した。その頃までには環境対策が強化され、粉塵問題では一番過酷であった高炉工場でさえも、発生源対策や設備内の空気浄化対策などで白シャツで工場へ行って汚れないほど綺麗になった。所内には植林した樹が茂り、市内でも煙突からの煙も目立たなくなって、結膜炎など忘却してしまっていた。
  眼科での検診で、永い間すっかり忘れていたこの一連のことが思い出された次第だ。  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地方都市でのホテル開業の日のできごと 【会社勤務の頃-2-】 [会社勤務の頃]

地方都市でのホテル開業の日のできごと 【会社勤務の頃-2-】
信じがたいだろうが、1960年代まではいま普通に見られるフロント形式のホテルは東京などの大都会にしかなく、地方都市ではあっても旅館の中の洋室程度だった。大分もその例外ではなかった。1970年に合併で新日鐵が誕生し、本社で合併関連のシステム担当だった私は、君津製鐵所オンライン化の経験を少しでも役立てよと大分製鉄所建設本部兼務を命じられ大分へ度々出張していた。その年か翌年だったか、大分での会議を終え係へ宿泊の申し込みに行くと、「大分にもホテルができて今日開業しますが、いつも通りの旅館ですか」と訊かれた。その最中に本社から出張のTさんがやってきた。Tさんは私より一年あとに事務系で入社した人で、仕事関連で時折話をした仲であり、同氏を知る人は皆が同感だと思うが、にこやかで明るく見かけに依らず茶目っ気たっぷりの人柄だった。そのTさんが「井上さん、開業初日だと面白い経験ができて楽しいこともありそうなので一緒に泊まりましょうよ」と言う。泊まる気だった私も「そうしましょう」とタクシーを拾った。
着いた先のホテルは小さなビルで、今流ビジネスホテルのはしりだった。フロントは2~3人が並べられる程度のスペースしかなく、担当の青年がいるだけだった。彼の緊張した面持ちから察すると、私達が最初の客のようだ。彼は早速「これにご記入ください」と用紙を寄こしたので、二人並んで記入を始めた。印刷されている〈性名〉の〈性〉の字に戸惑って、「字が違っているよ」と言おうとした矢先、Tさんが私の横腹をつついて自分の用紙にある〈性〉の字とその横に書かかれた〈男 晃〉を示しニコリと微笑んだ。私も何食わぬ顔で〈男 義祐〉と書いた。次いで〈朝食 和洋食〉とあるのを見て、「〈朝食: 和食 洋食〉のミスだ」と言おうとしたら、Tさんがまた茶目っ気たっぷりな笑みで、〈和洋食〉全体に○を付けて私に示す。私もそれも真似し記入を終え青年に渡した。青年はやや怪訝な表情で、「お二人とも〈男〉という姓でご兄弟ですか」と言う。Tさんはすまし顔で「いや違うよ。二人とも違った〈セイ〉だが〈性名〉とあるので」と答える。「ではここには自分の姓と名を書いてください」。「でもこの〈性名〉の字通り書いたのだよ、ほら。」「エッ?ア、本当ですね。済みません。〈姓〉の字の間違いですので」と青年が顔を赤らめて謝るので「了解」と姓名を書き直して渡した。すると青年が、朝食の欄を示して「和食か洋食かのどちらかを選んで貰えませんか」と言う。Tさんは、今度もにこやかに「〈和食〉、〈洋食〉と別々に書いてあればどちらかと思うが、ここには〈和洋食〉とだけ書いてあるので、〈和洋食〉の朝食とは初めてでどんな食事か楽しみにしているんですよ」と言った。通常、このような言い方は嫌みに聞こえるものだがが、Tさん独特の柔らかい雰囲気と笑顔で言われると、フロント氏もきまり悪そうに「何しろ開店初日の最初のお客さんで、当方の手落ちをどなられても仕方ないのに、ユーモアたっぷりに優しく気付かせていただき有難うございました」とお礼を言う。それを見て、私なら「こことここが印刷ミスだよ」と言いそうなところを、Tさんのそれとなく相手に気付かせたうえに感謝の念を持たせたそのやりとりに深く感じ入った。それから、お互いに「イヤー、面白かったね」と階段を上った。そこでTさんの「井上さん、〈二度あることは三度ある〉でもう一回何が起こるか楽しみですね」との言をあとにしながら部屋に入った。室内は洋式だったが風呂場は和洋折衷で、それはよかったのだがどこを探してもタオルがない。〈困ったな〉と思っていると電話があり嬉しそうな弾んだ声で「井上さん、やはりもう一つありましたね。いまフロントに電話してわざと〈服を脱いだあとで気が付いたらタオルがない。着直すのは面倒なのでこの姿でいまから取りに行くよ〉と言うと〈アッ、渡すのを忘れていました。ソ、その格好では困ります。いますぐ部屋まで持って上がるので待っていてください〉と大慌てでしたよ。すぐそちらにも彼が行きますよ」と笑う。電話が終わるやいなやドアがノックされ、フロントの青年が「渡し忘れました」とタオルを手渡し深々と頭を下げ立ち去った。----とその日は、私にとって愉しい思い出の残る一日となった。
ところで、ここに言うT さんとは、あとに新日鐵の社長・会長を務め、早すぎると皆に惜しまれながら2007年始めに亡くなった千速晃氏のことである。まだ私が大学に在職中の2005年に氏を会長室に訪ねたが、その時も、諸々の話の中に加え大分のホテルの情景を二人で懐かしく思い出し語り合った。もうその同氏と話す機会がないのは大変に淋しい。氏のご冥福を祈る。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニー井深社長のことば 【会社勤務の頃-1-】 [会社勤務の頃]

ソニー井深社長のことば 【会社勤務の頃-1-】
米国の企業で始まったコンピュータの利用が、1965年に発表されたIBM360によりバッチ処理に加えオンライン処理が可能となり、経営管理に不可欠なtoolとなり始めた。当時その分野で米国に数年は遅れていた日本でもその重要性と緊急性が認識され1967年の秋に経団連と生産性本部が主体で大企業の社長と副社長14名とその随員からなるMIS(Management Information System)調査団が結成され一ヶ月近くの米国での実際調査とそれに基づく提言がなされて、MISブームが起こった。(注)。
団員にとって情報システム関連は新分野であり各社は秘書も兼ねた専門家を随行させ、私も当時在籍中であった八幡製鐵の平井副社長の随員として参加した。ただ一人ソニーの井深社長だけはその分野にも詳しく、お人柄からも随員をつけられなかった。でも、そのため朝夕ホテルで行われる随員会議の内容が伝わりにくいなどと不自由されていたこともあり、平井副社長のお許しを得て井深社長のお手伝いをしてお話を伺う機会が何回もあった。帰国前のある夕、「井上君、君は社長室勤務だったそうだから、社長と副社長に度々接したと思うが、君から社長と副社長はどれくらい違うと見えるかね」と訊かれた。当時、井深社長と盛田副社長は名コンビとして有名だったし、私は掛長(係長)の分際だったので、とっさに「盛田副社長とですから同じくらい偉い雲上の人に見えます」と答えたら「君もそう思うかね」との若干不満足げな言葉が返って来た。どうも違った答えをしたようだと、少し厚かましかったが「望まれた答えにならなかったようですが、お教え願えればどう違うのでしょうか」と訊ねたところ、「比喩として "月とすっぽん" ,具体例で敢えて言えば言葉が極めて不適切だが小学校の校長さんと用務の人くらいは違うよ。」「えっ!どうしてですか」「個人としてではなく職位としての違いを訊いているんだよ。盛田さんは立派な方で私は大いに助けて貰っている。しかし、副社長職位だと分かることはすぐ確信をもって返事ができるし、自信がないときには "社長の所へ行け"、ともいえる。でも社長職位ではそうはいかない。世の中で、自信を持って答えられることなんてほとんどない。しかし、社長は誰にも相談はできるが判断と決定は自分一人でしかできない。その場でそれまでの経験をフルに生かして諸々の状況も考え判断するが、その上でも分からないことがあり、その時には、エイヤで決めなければならないことが多いんだよ。井上君もその立場になったらわかることだろうが」とのご返事だった。偉大な実績を残されている井深社長でもそうなのだと思った。そして「仰る意味は分かった気がします。その言葉を肝に銘じてこれからの日常の仕事で活かすように努力したいと思います」と申し上げた。井深社長との接点はそれだけしか想起できないが、その一言は、短期間ながら直接に接することのできた井深社長の魅力的なお人柄と共にずっと私の心に残って、その後、その責任の重さから比すると井深社長に笑われそうだが、一つの課とか部を任されていたときにはそれなりに、とくにイタリアでの技術援助団長をしていた時には、当時の通信事情の悪さもあって緊急の決断を迫られたときには「団長(断腸)の思い」でその言葉を嚙みしめていた。また最後の勤めとなった大学の責任者としての4年間は、規模と内容で比較にならないであろうが井深社長のことば何分の一かは実感させられた。 (注)桃山学院大学経営経済論集2010年3月号の394頁参照


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
会社勤務の頃 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。